卵胞期 黄体期

卵胞期と黄体期について

女性のからだには、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が存在しています。
その中でも、身体の成長や女の人が経験する生理は女性ホルモン2種類による影響が大きいです。
女性ホルモンには、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの2種類があります。
優位に立つ時期が変わることにより、私たちの体に月経が起こったり変化が現れます。

卵胞ホルモンが上位で分泌されている期間が卵胞期。
黄体ホルモンが上位で分泌されている期間が黄体期。


大きく分けるとこの2つの時期に分類され、ホルモンの働きもそれぞれ異なるので、
体温も変化してきます。低温気、高温期ともいわれています。

自分の周期を把握しておくと、妊娠しやすい時期なども分かるので、
妊活する場合は基礎体温を毎日チェックしてノートや携帯のアプリなどにメモしておきましょう。


卵胞期とは?

卵胞期とは、生理が始まってから排卵日までの前半約2週間のことを言います。
月経では、子宮内に卵子が着床しやすいように内膜でふかふかの状態になっています。
それがもういらなくなった状態になると、内膜がはがれて生理という状況として現れます。

卵胞期はその内膜が全部剥がれ落ちた後の状態になるので、子宮内が一番きれいですっきりとした時期です。
体温も低体温と呼ばれる低い期間で、大体36度前半〜36.7度までの間です。
最近では35度台の低体温の女性も増えているので、自分の体温を測ると一番分かりやすいですよ。

この時期に優位になっているホルモンが『卵胞ホルモン(エストロゲン)』です。
脳の視床下部という自律神経などを調整する場所で、そこから脳の下垂体が刺激を受けて性腺ホルモンを分泌します。
下垂体には、ホルモンの働き調整する働きがあります。性腺ホルモンには、卵胞を刺激するホルモンと黄体形成を促すホルモンがあり、そのどちらの影響も受け卵巣はエストロゲンの分泌が活発になります。
エストロゲンは下記のような働きがあります。


■エストロゲンの働き

女性らしいカラダを作る

子宮の内膜を分厚くする

自律神経やホルモンの乱れを整える

新陳代謝が活発化

卵胞期の過ごし方は?

■キラキラ輝き肌も気分もアップ
エストロゲンがたくさん分泌されハリや潤いのある肌に整います。
気持ちも晴れやかに元気になる期間なので、何か新しいことややりたいことに
集中して取り組める時期です。ストレスを溜めずに、すっきりと元気に過ごしましょう。

あと、元気とはいえど体を冷やさないように注意しましょう。
この時期を元気に過ごすことで、子宮内の卵子も健康的に成長し、
妊娠のためにも健康的に過ごすことが大切です。


■バストアップにもおすすめの時期
エストロゲンの分泌量が多くなることで、乳腺にも成長を促します。
乳腺もホルモン分泌の影響を受け成長しやすくなります。
乳腺が発達するとそれを守ろうとする乳腺まわりの脂肪組織が大きく膨らみ守ろうと働くことで、
結果的に胸の脂肪が増えバストアップにつながります。


■ダイエットがおすすめ!
エストロゲンの分泌が多いと新陳代謝がアップします。
体内にある余分な脂質や水分、老廃物を外に出しやすい期間なので、
運動などをしてダイエットを行うのに適していてる時期です。

黄体期とは?

黄体期とは、排卵日の翌日から〜月経になる前日までの後半約2週間のことを言います。
黄体期は妊娠しやすい環境にするための期間で、体温を上げたりカラダに水分を蓄えたりして
子宮内膜をふかふかの柔らかい状態にし、受精した受精卵が着床しやすいようにします。

水分を溜め込むために体がむくみやすく体温も上がることでイライラなどしやすくなる時期でもあります。でもすべては妊娠のための準備から起こることなんです。

体温も高温と呼ばれる高い期間で、大体36.7度〜37度くらいまでの間です。
こちらも先ほどと重なりますが、低体温の方だと37度まで上がらなかったりしますが、上がらないからといって心配しないでくださいね。
通常の低体温の温度から0.3〜0.4度くらいの差があれば大丈夫なので、やっぱり自分の体温を知ることが大切です。

この時期に優位になっているホルモンが『黄体ホルモン(プロゲステロン)』です。
プロゲステロンは卵巣で作られた残った卵胞が変化して黄体化し、卵巣から黄体ホルモンが分泌されます。


■プロゲステロンの働き

基礎体温を上昇させ、妊娠しやすい身体に

子宮内膜が妊娠しやすい状態を守る

乳腺の発達

黄体期の過ごし方は?

■リラックスして過ごす
この時期は体温が上がっているので、いつもの健康状態よりもイライラしやすく怒りっぽくなりやすい時期です。水分も溜まりからだを動かすのもダルる重たいので余計にいらいらしやすいですよね。

怒りやすい体調になっているので、なるべく自分が怒らないで済むような環境にしたり過ごすようにして、ストレスから離れて過ごしましょう。いつもより少し早めに寄り道せずに帰宅する、バスタイムを長めにする、好きな香りを嗅ぐ、アロマをたくなど自分の好きなことをする時間を長めにとるのも良いですね。


■下半身を温める
むくんで特に動かさない下半身が冷えやすくなっています。
冷えるとセルライトもつきやすくなりますし、お腹も冷えて生理痛もひどくなります。
腹巻をしたり体を冷やさない食べ物や温かいものを飲んだり、少し熱めのお風呂につかるなど
からだを冷やさない工夫をして過ごすことで、ストレスも軽減されます。


■しっかりと睡眠をとる
たっぷりと睡眠をとることも大事です。寝ている間に自律神経も整えてくれますし、
余計な脂質を代謝する働きもあります。
ホルモンの働きも安定するので、
毎日しっかりと睡眠時間を確保して良い眠りにつきましょう。

まとめ

女性のからだは主に2種類のホルモンバランスによって生理や妊娠などの経験をします。
どちらの期間も健やかに過ごすことで、両方のホルモン分泌が安定し、体に良い影響を与えてくれます。
ホルモンバランスが整っている人は健康的ですし、お肌もきれいな女性が多いです。

LUNAハーバルサプリメントではホルモンのバランスを正常にととのえながら、
バストアップが出来る女性のカラダを応援するサプリです。

特に、年齢を重ね始めると、カラダに不足する成分や栄養が多くなってきます。
バストアップサプリなどで栄養を補給するのもおすすめの方法です。

LUNAハーバルサプリメント商品の有効成分や、口コミ、商品
レビュー、胸の垂れる原因について知りたい方はトップページ
から詳細を確認してみてください。LUNAハーバルサプリメント
のおトクな購入方法もご紹介しています。

 

サイトマップ