プラセンタ 体臭

プラセンタを摂ると体臭がキツくなる?!

プラセンタを飲むと体臭がキツくなる?!と聞いたことがありますが、
本当にそうなのか?女性としては気になります。

プラセンタとは、「胎盤」という意味があり、
動物などのほ乳類から抽出した胎盤の有効成分を胎盤エキス(プラセンタ)と呼びます。


〈プラセンタの美容効果〉
●コラーゲンの生成を促進させる
●美白効果
●保湿効果
●抗炎症作用
●活性酸素を排除する



〈プラセンタの健康効果〉
●新陳代謝を上げる、代謝が良くなる
●自律神経やホルモンバランスを整える
●細胞の修復効果
●病原体と戦うために体内の抵抗力を高めてくれる
●抗アレルギー作用
●肝臓の動きを活性化




赤ちゃんが育つときにも、胎盤から栄養をもらって成長していきますよね。
それくらい胎盤には栄養がたくさん詰っています


プラセンタには、身体を作る「アミノ酸」の他に、美容効果も高いと言われており、
たくさんの化粧水や美容液、ドリンク、サプリ、プラセンタ注射など、
美容界でも大人気の成分です。



▼プラセンタには、シミ・シワを予防する効果がある
お肌には、紫外線は良くありません。最近ではオゾン層の破壊で、地球に届く紫外線の量も増えています。
日焼け対策は当たり前になってきています。


紫外線を浴びるとお肌ではどうなっているのか?
お肌のハリを保ってくれている「コラーゲン」や「エラスチン」が紫外線により破壊されてしまいます。

破壊された肌は、細胞組織を保てなくなり、傷ついた箇所がシワやたるみなどになってしまいます。

また紫外線は表皮のメラニン細胞も活性化させるため、シミの原因にもなります。
プラセンタに含まれているアミノ酸には、
お肌の細胞を作る周期(ターンオーバー)を活性化させる効果があるので、
より早く新しい細胞を再生する働きを促進してくれます。


また、抗酸化の作用があるので、細胞が酸化するのを防ぐ効果もあります。
紫外線によるダメージはシワだけでなくシミの細胞も増やしてしまいます。
そのシミやシワを改善する効果があるといわれています。




▼プラセンタで、お肌ぷるぷるに♪肌の弾力UP効果も!
プラセンタには、美肌効果で最近注目されている栄養素が含まれています。
それが、
「ペプチド」「DNA」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などです。
これらの成分には、新陳代謝を上げる効果があるので、肌の中にあるコラーゲンの生成も促す効果があります。
新陳代謝UP効果でお肌のハリが戻る・UPするといわれています。



▼更年期障害の改善
プラセンタは、更年期障害にも有効とされています。
更年期障害は、女性ホルモンの分泌により引き起こされます。

女性ホルモンの分泌が低下とともに、卵巣が上手く分泌の受信を行なえなくなり、
身体がパニックを起こして、ほてりなどの症状が出てしまいます。


プラセンタを摂取することで、機能が衰えてしまっている卵巣の働きを促し、
体内の女性ホルモンバランスを正常に整えて、症状を緩和する効果があります。




▼アトピー性皮膚炎症状の改善
アトピー性皮膚炎は、正常なリンパ球が異常を起こしてしまい、過敏になっている状態です。

体内に入ってきたウイルスや細菌などは、まず排除すように体内の免疫が働きかけます。
なのでよく、「免疫が弱っている時は風邪を引きやすい」というのは、
免疫が弱っているので、ウイルスんい負けてしまい風邪などを引いてしまうのです。


この免疫の働きには、白血球の一種の「リンパ球」がとても大きく関わってきます。
リンパ球が何らかの反応で免疫の異常を起こしてしまうと、血液中のリンパ球の数がどんどん増えて
通常だと反応しないもの(花粉やほこりなど)に、過剰に反応してしてしまい、起きてしまいます。


プラセンタには、活性酸素を除去する働きがあり、炎症の元である活性酸素をやっつけて
症状の改善に効果があります。
アトピー性皮膚炎の症状がひどい時は、体内に入れるのは
良くないので、一度アトピーの症状が落ち着いてから摂取するようにすると良いですよ。



プラセンタを摂る事で、お肌の細胞も活性化され、
コラーゲンの生成も促してくれます。

コラーゲンの生成が促されると、肌の水分量が増えて、
お肌にハリが出てきます。また、シワの改善にも効果があります

その他にも、
「細胞の成長や新陳代謝を促進する」効果があります。

抗酸化作用もあるので、肌荒れやニキビなどの炎症を抑える効果があります。
また、紫外線で増えてしまう、シミそばかすの原因である活性酸素の働きを抑制してくれます。
なので、肌の老化を防ぐ働きがあります。

美容だけでなく、健康まで幅広くサポートすることができます。
市販されているのは、馬やブタのプラセンタが多く使われています。

→プラセンタ配合のサプリは?

プラセンタと体臭の関係は?

では、なぜ「プラセンタを飲むと体臭が臭くなる?」というウワサがあるの?

結果からお伝えすると、
プラセンタを摂取したからと言って、体臭が臭くなることはないです。

ただ、プラセンタを摂る事により新陳代謝がよくなります

すると、普段汗をかいている人(普段から運動をしている人など)は、
汗の臭いは無臭ですが、普段運動などをしていなくて、
急に汗をかく量が増えると汗が臭いというわけです。


なので、健康な身体になり汗をかくようになって、
体臭が臭くなったように思うかもしれないということです。

汗の匂いの原因は常在菌によるもの!

汗は実は無臭なのをご存じでしょうか?
汗はかいた時点では、無臭です。では、なぜにおいがするのか?というと、
皮膚の表面には、常在菌という菌がいてます。

普段汗をかいていない人は、汗腺が衰えて詰っている可能性があります。
汗には、「良い汗」「悪い汗」があります。
汗腺が詰っている人は悪い汗のほうになります。

悪い汗はイヤな臭いを発します。
汗と一緒に老廃物であるアンモニアなどが混じって排出されます。
さらに、皮膚にいる細菌が汗を分解することで臭いが発してしまいます。

良い汗をかくための汗腺トレーニング!

今、悪いベトベトした汗をかく人でも、良い汗に変えることができます。

それは、『普段からしっかりと汗をかくこと』です。

毎日汗をかくことで汗腺が鍛えられ、良い汗に変わっていきます。


【お風呂で行なう 汗腺トレーニングの方法】

1,まず、少し熱めのお湯を湯船に張ります。
この時浴槽の底から20〜30cmくらいのお湯の量を張ります。


2,少し集めのお湯を張ったら、両手のひじから下と両足のひざから下を、
10〜15分お湯に浸けて温めてます。
姿勢は三角座りのような姿勢です。

この時に、湯船にお風呂用の椅子を入れて座ると、
心臓にも負担をかけずに温めることが出来ます。

この時に、手足を温めるということが大事です。
手足には汗腺がたくさんあるので、
温めてしっかりと汗をかくことを行ないます。

こうして汗腺を鍛えていきます。


3,10〜15分温まったら、その浴槽にぬるめのお湯を足し、
38℃くらいのお湯になったところで、全身浸かります。

ぬるめのお湯に浸かることによって、全身がリラックスして
交感神経が和らぎ副交感神経に切り替わっていきます。


4,お風呂からあがると、水分をバスタオルでしっかりと拭き取りましょう。
その後は、服やルームウェア、パジャマをすぐ着ないで、
拭いた後に出てきた汗はそのまま自然乾燥
させます。

これで、さらに汗腺を鍛えることができます。


時期としては、春の中頃(5月くらい)から夏前(7月前)にかけて、
気持のよい気候の時期に行ないましょう。

→冷え症改善でバストアップ

実際の声をチェック!プラセンタを摂ってどうなった?

実際にプラセンタを注射やサプリで利用した方の口コミでも、
「全然臭いは気にならない」「臭くなっていません。変わりませんよ」との声ばかりでした。

口コミでは、


・体調が楽になった

・寝起きのだるさが軽減した

・生理痛がほとんどなくなった

・バストにハリが出てきた

・乾燥肌が治った

・肌の質感がキメ細やかになった

・毛穴の黒ずみが消えた、小さくなった

・手足の末端冷え性が解消された




との、うれしい声がたくさんありました!

バストアップとプラセンタが一緒に摂れるLUNAハーバルサプリメント

プラセンタは、一般的に「注射」「サプリ」「点滴」などがあります。
おおよそのそれぞれの相場はこちらです。


◆プラセンタ注射・・・2,000円〜9,000円
医院によって価格、打つ場所により値段が変わってきます。
プラセンタ注射を行っている人は、1週間に1回や、2週間に1回の頻度で注射を受けに行っています。

◆プラセンタ点滴・・・1,000円〜15,000円
こちらも医院などにより価格の変動があります。

◆プラセンタのサプリ・・・500円〜15,000円
プラセンタだけのサプリも色々ありますが、価格はピンキリです。


プラセンタ注射や点滴を定期的に受けに行くのも面倒ですし、
サプリがたくさん増えると飲む数も増えて面倒になります。

LUNAハーバルサプリメントだと、1つのバストアップサプリの中にプラセンタも配合されているので、
楽にプラセンタを補うことが出来ます。


1つのサプリで補うことができるので、お財布にも優しく経済的でおすすめです!

LUNAハーバルサプリメント商品の有効成分や、口コミ、商品
レビュー、胸の垂れる原因について知りたい方はトップページ
から詳細を確認してみてください。LUNAハーバルサプリメント
のおトクな購入方法もご紹介しています。

 

サイトマップ