バストアップ ツボ

バストアップに効くツボ

バストの近くには、胸が大きくなるのを促す効果的なツボがたくさんあります。

バストアップに有効な成分を摂りつつ、余裕のある方は
バストアップに有効なツボ押しも一緒に行いましょう。

バストアップのサプリで胸の中を活発にさせながら、
胸の周辺にあるツボやマッサージを併せて行うのがおすすめです。

バストの周りにはバストに有効なツボがたくさん存在しています。
バストアップに有効なツボは、エストロゲンの分泌を促す他、
胸まわりの血流やリンパの流れを良くし、バストに栄養を届けやすくします。

バストのツボを押して胸が育ちやすい環境を整えましょう。

バストアップに効果のあると言われているツボをいくつかご紹介します!!
合わせ技でバストの内側へアプローチ!

中府(ちゅうふ)

中府説明中府は、主にリンパの流れを良好にしてくれるツボです。

リンパの流れを良くして、胸に栄養をしかりと届けてくれるので、バストアップにも効果があります。
胸のあたりの筋肉全般のリンパの流れを良くしてくれるツボです。

中府



中府(ちゅうふ)

リンパの流れを良くする




▼ツボの場所と押し方▼


脇の延長状から少し内側に入った、鎖骨の出っ張った部分があります。
その出っ張りの位置から、指1本分くらい下がった位置に中府があります。

ツボの押し方は、身体の中心(内側)に向かって、
少し痛いなえお感じる程度の強さで、ゆっくり押しましょう。
中府は3回押します。

壇中(だんちゅう)

壇中説明だん中は、女性ホルモンの分泌を促進させるツボです。

だん中は、バストアップに効くツボとして、よく紹介されるツボです。
女性ホルモンの分泌を活性化させつ働きがあり、
バストアップにも女性らしい身体へのサポートもしてくれます。

壇中



壇中(だんちゅう)

女性ホルモンの分泌を促す




▼ツボの場所と押し方▼


右と左の胸の真ん中の位置(左右の乳頭を結び、その2等分した中央の位置)に
だん中があります。

胸骨上にあり、だん中を押してみると、少し痛みを感じます。

だん中を指の腹で押しましょう。
ゆっくりと負荷をかけて、少し強めの力で、まず3秒間押してください。
3秒押し終わったら、ゆっくりと力を抜いて離していきます。
だん中のツボを5回押しましょう。

※強めにツボを押しますが、強くなりすぎないように加減してくださいね。

天渓(てんけい)

天渓説明天渓は、胸の中にあるバストアップには必須の
乳腺を発達を促すツボです。

また、乳腺の発達と共に、
ハリのあるバストをキープしてくれるので、垂れ気味の胸に、天渓はおすすめです。

天渓



天渓(てんけい)

乳腺の発達を促進する




▼ツボの場所と押し方▼


天渓は、胸の輪郭上にあります。
輪郭状の脇の位置と、乳頭と同じ高さを結んだ位置に天渓があります。

天渓の押し方も、身体の中心に向けて、
少し強めの力加減でゆっくりとツボを押していきます。
天渓を3回押しましょう。

渕腋(えんえき)

渕腋説明渕腋は、バストのハリを保つ効果のあるツボです。
ハリのあるバストを得るためには、必須のツボです。
バストだけでなく、肌にもハリが出てきますよ

さらに、
渕腋は、血流の流れも良くしてくれます

えんえき



渕腋(えんえき)

・血流促進

・胸や肌のハリ感アップ




▼ツボの場所と押し方▼


渕腋は、左右の胸の乳頭を基準に、
大体10cmくらい外側の脇の下に位置します。
渕腋は左右同時に押していきましょう。

渕腋も、身体の中心に向かい、少し強めの力加減で、
ゆっくりと負荷をかけて押していきます。

乳根(にゅうこん)

乳根説明乳根は、女性ホルモンの分泌をよくするツボです。
押すことで血行やリンパの流れがよくなり、母乳も出やすくなります



乳根



乳根(にゅうこん)

女性ホルモンの分泌を促進する




▼ツボの場所と押し方▼


乳根は、乳頭の指2本分下に位置しています。
ツボの位置に指を置きゆっくりと力を入れながらツボを押していきます。
あまり指にチカラを入れすぎず、3秒間押してゆっくりと指を戻していきます。
3〜5回繰り返し行いましょう。

呼吸は、ツボを押す時に息を吐いて、指の力を抜いて戻す時に息を吸うことが
ポイントです。

屋翳(おくえい)

屋翳説明屋翳(おくえい)は、血行が促進されます。
それによって女性ホルモンの分泌量も増加するので、
バストアップにもつながります。




おくえい



屋翳(おくえい)

・血流促進

・女性ホルモン分泌促進




▼ツボの場所と押し方▼


屋翳(おくえい)は、乳頭の約指2本分真上の位置にあります。
屋翳のツボの押し方も乳根の時と同様に、ゆっくりとちからを入れながら
ツボを押していきましょう。押す時間は3秒を目安に押して離します。
息を吐きながら押して、吸いながら話すように行い、3〜5回します。

神封(しんぷう)

神封説明神封は、女性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。
女性ホルモンを促すことで乳腺が発達を助け、バストアップ効果も期待できます。



神封



神封(しんぷう)

女性ホルモンの分泌を促進する




▼ツボの場所と押し方▼


神封は、乳頭と同じ高さにあり、乳頭から中心に向かって延長した位置にあります。
ちょうどバストが膨らみだすくらいの場所で、ぺこっと少しへこむ部分です。

神封を反対の手の親指で抑えてから、ゆっくりと3秒間押しましょう。
回数は3〜5回繰り返し行いましょう。
3〜5回終えたら、次は反対の胸も同じように行っていきます。

こちらも、力を入れて負荷をかけるときに、息を吐き、指の力を抜くときに
息を吸うようにしましょう。

膺窓(ようそう)

膺窓説明膺窓(ようそう)は、女性ホルモンの分泌や乳房の血行を促進すると言われています。
また、乳腺の発達の働きもあるとされています。



ようそう



膺窓(ようそう)

・血行促進

・乳腺の発達を助ける




▼ツボの場所と押し方▼


膺窓(ようそう)は、乳頭から3〜5cm乳首の縦ライン上にあるツボです。
一差し指から小指までの4本を揃えて脇に添えるように入れ、
親指で押していきます。息を吐きながらゆっくり10秒ほど押しましょう。
4〜5回行います。

輙筋(ちょうきん)

輙筋説明輙筋(ちょうきん)は、リンパの流れを整えると言われています。
それにより女性ホルモンの分泌も促進しバストアップ効果や美容効果が期待できるツボです。


ちょうきん



輙筋(ちょうきん)

・リンパの流れを正常な状態に整える

・女性ホルモンの分泌を促す




▼ツボの場所と押し方▼


輙筋(ちょうきん)は脇に存在し、脇の直下ラインよりも指1本分前側にあるツボです。
人差し指から中指までの3本を使用して押します。
3本でゆっくりと胸の中央に向けて押すようにしましょう。

ツボ押しの注意点

ツボを押す時には、押すのを避けた方がよいタイミングがあります。
ダメなタイミングはいつ?

〈ツボ押しがダメなタイミング〉



・食後
・飲酒後
・体調不良の時
・熱があるとき
・妊娠中


このタイミングや身体の状態の時はツボを押すことを控えておきましょう。
では、逆に良いタイミングはいつなのでしょうか?



〈ツボ押しがおすすめな絶好のタイミング!〉


ツボ押しがおすすめなタイミングは、血行が良くなっているときがおすすめです。
血行が良くなると女性ホルモンが分泌されたときに、その効果が体内に届きやすくなるからです。
血行がよくなっているお風呂上りは、ツボを押す一番のオススメタイミングです!


ツボを押すだけなら簡単にどこでも出来ます。

毎日トイレに行く度に押すとか、湯船に浸かりながら押すなど、
毎日どこでもささっと出来るので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

サプリなどで女性ホルモンの働きを活発に促して、ツボ押しなどをする方がより効果的に
胸を大きくすることができます。
サプリ+ツボも押して女性ホルモンを外からも促しましょう^^


→胸を大きくする食べ物は?

→バストアップ人気ランキング!

ツボ押しの効果がでるまでどれくらいかかる?

ツボ押しの効果を実感できるのは人それぞれで異なりますが、
最低でも1ヶ月は継続して続けるようにしましょう。

ツボで直接大きくなる訳ではなく、ツボの刺激によりエストロゲンの分泌を促すものなので、
押すだけ必ずしも大きくなるという訳ではありません。

ゆっくりと呼吸に併せながらツボを押して、乳腺を徐々に育てましょう。

バスト脂肪流れていない?!

バストアップのツボ押しは、乳腺の成長に必要なエストロゲンの分泌を促すためですが、
ツボ押しと一緒に行ってほしいのは、バストに脂肪を寄せることです。

バストの周りの脂肪は脂肪は、しっかりと固定していないと
柔らかい肉質なのですぐに脇やお腹、背中に流れていきます。

みなさん知らず知らずのうちに脇の流れと姿勢の悪さなどで
1カップくらいは損しているんですよ・・・!

日中はブラをしているのでバストもホールドされますが、
一番心配なのは”寝ている間”です。

寝ている間のバストを正しくケアしていますか?

就寝時はナイトブラでバストの脂肪を寄せるのがおすすめ☆

寝ている間は胸が自由な状態です。中にはバストの形が崩れるのを考慮して
ブラジャーをしたまま寝ている人もいますが、
ブラはワイヤーがあるので寝る時は当たって痛かったり邪魔だったりしますよね。

実は、昼間に着用しているブラを寝ている間に付けていても
胸のお肉は流れていってしまうんです。

それは、姿勢に問題があります。
日中は座っていても経っていても体は起きている状態なので真っ直ぐになっていますよね。
ブラのワイヤーは大体アンダーを支えている場合が多く、普段はこれで大丈夫です。

ですが、寝ている姿勢は寝転んで横になっていますよね。
すると胸の肉は四方八方に動いてしまいます。
その為、日中用のブラではお肉のホールドをカバーできません。

ナイトブラは寝ている間も胸の肉が流れて行かない設計になっているので、
形を整えたまま寝ることが出来ます。


朝起きても胸が流れて行っている・・・という状態にならず、
きれいな胸の形をキープできるアイテムです。

⇒おすすめのナイトブラはこちら☆

LUNAハーバルサプリメント商品の有効成分や、口コミ、商品
レビュー、胸の垂れる原因について知りたい方はトップページ
から詳細を確認してみてください。LUNAハーバルサプリメント
のおトクな購入方法もご紹介しています。

 

サイトマップ